保険、共済、再保険、リスクマネジメントの「リイマジンコンサルティング」

 

少額短期保険とは

保険業法で定められた、保険金が少額で保険期間が短期の保険をいい、少額短期保険を引き受ける事業者は「少額短期保険業者」、一般には「少額短期保険会社」や「ミニ保険会社」と呼ばれています。
平成18年4月改正保険業法が施行され、それまで根拠法がなく共済を運営・管理していた業者・団体が保険業法の規制の対象となり、監督官庁の無い任意の共済会の中で、一定規模以上ある団体が少額短期保険事業へと移行しつつあります。

生命保険会社・損害保険会社は最低資本金が10億円で内閣総理大臣の認可(金融庁が担当)を必要とするのに対し、少額短期保険会社は最低資本金1千万円で内閣総理大臣の登録(財務局が担当)とされ、より初期投資の少ない負担で保険事業を行うことができるように定められています。
少額短期保険は、大手保険会社が参入しにくい小規模でニッチな保障ニーズにマッチしているといえます。また、顧客保護の観点から、毎年のディスクロージャーが義務付けられております。

少額短期保険業者における、保険金、保険期間等の制限は以下のとおりとなっています。

保険金の引受限度

死亡・重度障害保険 300万円
傷害死亡・特定重度障害保険 300万円(普通死亡保障がある場合600万円)
傷害・疾病保険 80万円
損害保険 1,000万円

1被保険者に対する通算引受額  1,000万円
1契約者に対する通算引受額    10億円

保険期間の制限

損害保険 2年
その他の保険 1年

少額短期保険の事業規模

年間収入保険料総額の限度が50億円までとなっており、この規模を超える場合、保険会社への移行が必要となります。

お問い合わせ・御見積りはこちらから

このページの先頭へ